注文住宅を購入したい方へ!頭金はどれくらい必要?

今回は、注文住宅の購入をお考えの方に、頭金はどれくらい必要か説明します。
住宅ローンを利用する際には、頭金が必要と思われるでしょう。
事前に準備をしておくために、ぜひ参考にしてみて下さい。

□頭金を支払わない場合の注意点

注文住宅を購入する際、住宅ローンを組まれる場合が多いでしょう。
頭金は、その商品代金の一部を保証として先払いすることにより、月々のローン支払い額を下げることができます。
頭金を多く払えば、それだけ月々の負担が減りますよね。
また利息にも影響するため、支払い総額が大きく変わってくることもあるでしょう。

実は、頭金ゼロで注文住宅を購入することも可能です。
初期費用が抑えられるため、魅力的に思われるかもしれません。
しかし、頭金ゼロには注意が必要です。

まず、頭金をゼロにすると、借入金が増加して利息負担が増えるでしょう。
借入金に対して利息が発生するため、支払い総額は増加する可能性が高いです。

また、頭金ゼロといっても、諸費用分は現金で用意する必要があるかもしれません。
諸費用とは、不動産会社に支払う仲介手数料、住宅ローン手数料、登記費用、手付金、各種保険料などがあります。
初期費用を全く用意していないと、これらの支払いができなくなってしまうでしょう。

そして、諸費用ローンの借入金利も高くなる可能性があります。
これは住宅ローンとは別のもので、二重で払うことになるため、借入金利がさらに高くなってしまいます。

□頭金の金額の決め方

初期費用である頭金をたくさん払えば、それだけ借入金が減るため、多く払いたいかもしれませんが、初めに準備できるお金にも限度があるでしょう。
ここでは、頭金の金額の決め方を紹介します。

まずは、月々のローンの返済額から決定しましょう。
ローンの毎月の返済額は、収入の手取りの4分の1が理想だと言われています。
ご自身の収入と合わせて確認することが大切です。

そして借入額や注文住宅の価格を検討しましょう。
返済額を決めたら、借入金額を出します。
それによって、実際建てる家の施工内容や金額を調整することも必要です。

その後、必要となる頭金を算出しましょう。
ここまできて、もし支払いが不可能であると判断した場合は、資金計画の立て直し、借入金額の見直し、また注文住宅の内容自体の調整をする必要があります。

□まとめ

今回は、注文住宅を購入する際の頭金について解説しました。
小さい金額ではないので、よく検討することが大切でしょう。
ぜひ参考にしてみて下さい。