札幌市・札幌市近郊でこだわりの新築一戸建て 愛犬家注文住宅はさとうホームにご相談下さい。   お問い合わせ:0120-310-990

愛犬家住宅 札幌 愛犬と一緒に暮らす注文住宅  愛犬家住宅 札幌 資料請求

注文住宅へ愛犬家住宅とは?愛犬と買主が快適に暮らせる仕様愛犬についての様々な悩み専門者 愛犬家住宅コーディネーターとは?
   
 住まいの室内環境はどのようにしたらよいか?

 「住まいの熱環境を上手に利用すること」

   室内環境の快適さの中に、熱環境があります。犬は人よりも暑さに弱い
   傾向があります。愛犬と一緒に暮らす住まいでは特に、夏場の熱環境に注意
   するようにしましょう!

 「人間と犬との体感温度・調整の違い」

   人と犬とでは体温の調整方法が違い、犬は人のように全身で汗をかいて体温を
   下げると いうことができません。
   体温を下げる能力は、人に比べ犬の方がはるかに劣ります。
   人と犬とでは、暑さ、寒さの感じ方も違います。一般的に、犬は人より寒さに
   強く、暑さに弱い傾向があります。つまり、人が「ちょっと暑い」と感じてい
   るとき、犬は「死ぬほど暑い」とあえいでいる可能性もあるので、夏場の熱環
   境には特に注意が必要なんです。

愛犬家注文住宅 札幌

 「建物によって変わる室内の熱環境」

   室内の熱環境は、屋外の気温や日射の影響と、室内における人やその他の熱源からの発熱などに左右されます。
   また、建物の断熱性、気密性、日射、風通し、建物の素材による熱容量などによっても、室内の熱環境は大きく
   変わります。つまり、より良い熱環境を作り出すためには、それに適した住まいであることが大切です。


 「熱環境をコントロールする工夫が大切!」

   窓から直接差し込む日差しを遮ることは、涼しく暮らすためにも、冷房効率を上げるためにも重要なポイント
   になります。

   日差しを効果的に遮る方法は、窓の方角によって違うということを知っていますか? 南面の窓は、太陽光が真上
   から当たるので、軒を深くするのが効果的。窓の上に庇(ひさし)やルーバー、オーニングなどを設けるのも
   効果があります。
   東面や西面の窓は、太陽光が斜めに当たり、強い日差しが部屋の奥まで入り込むので、すだれやカーテン、ブライ
   ンドなどを設置します。愛犬に直射日光が当たらない工夫や風通しを良くする工夫を心がけましょう!

   また、愛犬のために昼間留守にする場合でもエアコンを付けたままにしているお宅は多いと思いますが、
   冷やし過ぎには要注意です。犬の免疫が下がり少々の暑さでも参ってしまうようになってしまいます。   


 「過乾燥と暖房器具に注意」

   愛犬の肌にとって冬の寒さと乾燥は大敵!寒くなってくると皮膚の脂分が減少し、血行も悪くなります。
   そのうえ、冬はただでさえ空気が乾燥しているのに、室内は暖房器具によってさらに乾燥した状態になり、
   皮膚の水分が失われてカサカサに。
   つまり人間と同じ状況だと思ってください。

   また、空気が乾燥すると静電気でホコリや汚れが愛犬の体に付着しやすくなり、室内のホコリの量も多くなります。
   つまり、フケなど皮膚疾患の原因になるアレルゲンも増える傾向にあります。さらに、乾燥した室内ではウィルスも
   繁殖しやすく、風邪を引きやすくなり、呼吸器系の病気にかかりやすくなってしまいます。

   冬の住まいは、時々暖房を消して換気をするようにしたいもの。エアコンやストーブなどの温風が愛犬の体に直接
   当たるのを避ける工夫をするのも大切です。温風が直接、犬に当っていると皮膚が乾燥してしまいフケやかゆみの
   原因になってしまいます。

   近年の高気密高断熱住宅は24時間の換気システムを導入しているので換気は効率的に行われていますがそれでも
   窓などを開けて時々自然換気してあげるのもよいでしょう。

   室内の過乾燥を防ぐためには、加湿器を使用するのも効果的です。また湿度をコントロールしてくれる調湿効果のある
   壁材などを住まいに採用するのも有効です。


 「床暖・セントラル暖房のある暮らし」

  床暖房やセントラルヒーティングは空気が汚れず、温風が吹かない
  ので、皮膚が乾燥してフケにならないし、抜け毛やホコリを舞い
  上げるということもありません。
  また、近づきすぎて危ないということもないですね。

  床暖房やセントラルヒーティングは愛犬との暮らしにはもってこいの
  暖房といえそうですが、気をつけてあげなければならないことも
  あります。床暖房はワンちゃんが普段いる場所を床暖房にする場合は
  全面ではなく、一部床暖房の入っていない所もつくり、体が熱く
  なったときに移動して、クールダウンができる場所をつくることが
  大切です!
  寒くなったらまた暖かい床に移動してくればいいですからね。

  子犬や老犬などの場合はに低温やけどを起こしてしまわないよう、
  飼い主さんが時々様子を見て移動させてあげることが必要です。

  また、あまりにも快適な環境で暮らし続けていると、体温調節が下手
  になり、少しの温度変化にもついていけず、体調不良を
  起こしてしまうこともあります。また、換毛のタイミングが分らなく
  なり、季節に合わせての抜け変わりがうまくいかなくなることも。

愛犬家注文住宅 札幌

  寒くても、良い時間を見つけて、一日に一回はワンちゃんと外に出て、気分転換をしましょう!

愛犬家住宅 札幌
愛犬家住宅 愛犬と一緒に暮らすための家づくり お問い合わせ


      もっと詳しい資料が見たい!という方や
       家づくりについてご相談したい方は
        下記よりお申込みください


 そうだ!注文住宅の完成見学会に行ってみよう
無料家づくりカウンター


      


  家づくりで大切なこと
  家づくりのこだわり
  6つのお手伝い
  8つの効果
  家づくりで特する資料集
  お客様の声
  住宅の保証
  住宅完成保証制度
  よくあるご質問
完成物件
床下収納庫
小屋裏収納
シメール式
シメール耐震工法
特殊な炭を使ってます
床下暖房システム
独自工法
ジーバ制震工法
愛犬家住宅
太陽光発電システム
 さとうホームとは
 会社概要
 会社地図
 現場見学会
 商品紹介
 住宅営業エリア
 リフォーム事業部
 社長ブログ
 子育てブログ
  社長のひそひそ話
  子育て世代幸せ日記
  住まいができるまで
  あなたの家は誰がつくるのか
  冬季工事について
  リンク集
  個人情報保護
  利用規約
  サイトマップ

注文住宅のさとうホーム/佐藤建設工業株式会社   さとうホーム不動産事業部
〒065-0030  北海道札幌市東区北30条東14丁目2番18号
TEL011-711-8553/FAX 011-752-7148   お客様専用フリーダイヤル0120-310-990
営業時間:AM8:00-PM6:00 Eメール:
info@sato-home.jp
住宅建築エリア:札幌市・北広島市・恵庭市・江別市・千歳市・石狩市・岩見沢市・小樽市